LPC(ライフパーパス・コーチング)

ホーム  »  個人向け講座  »  LPC(ライフパーパス・コーチング)

人生の目的をチャートから読み解く個人セッション

ファミリーコンパスではライフパーパス・コーチング(以下、LPC)の日本におけるプロフェッショナル・コーチの養成と、LPCの個人セッションの提供をしています。

LPCは、オーストラリアに住むマーニー・デューガン氏と彼女がライフワークとして30年以上の経験と知識を結晶化したもので、一人一人の持って生まれたエネルギーの特性と魂が選んできた人生の目的をチャートから読み解いていきます。

マーニーデューガン

子どもの特性を理解し、創造的な子育ての指針を

偏差値や成績など、外側の基準や相対評価に翻弄されないためには、その子の内側にどんな個性があるのかを、いい、悪いという解釈を超えて本質的に理解する必要があります。しかし、私たち大人は社会的に「正しい」「こうあるべき」という行動や振る舞い方をこどもに期待し、子どもが沿わないとその行動をすぐ是正しようとします。


しかし、このように一見「よくない、問題だ」と思えるような行動の奥には、その子の本質的な個性の一部を形成しているエネルギー特性があります。LPCのセッションを通してその特性を純粋にその子のギフトとして本質的に捉えるための理解と、将来的にその子が自分の目的のためにそれを能力として発揮していくための指針を持てるようになります


保護者の方は、まずは自分自身の人生に対する理解を深め、その体験をもとに子どものチャートからひも解かれる情報を理解することができます。子どもの特性に対する既存社会のラベルや決めつけに縛られることなく、その子の人生の目的のためのギフトや特性として捉えることができるようになります。子どもの個性を課題や直すべき対象として捉えるのではなく、本質的な理解から純粋な可能性として関わっていく創造的な子育てができるようになります。

セッション概要

主なセッション希望理由:
・自分と子どもがあまりにも違う性格で、正直どうしていいかわからなくて不安になったり、子どもの行動にいつもイライラしてしまう。
・兄弟の中で自分と相性がいい子と難しく感じる子がいる。温度差ができてしまうことで子どもにどんな影響があるのか心配。
・習い事に迷っている。この子の特性を活かすにはどんな習い事があっているのか知りたい。
・ものすごくいい子で従順だけど、逆に心配。小さいころからこんなにものわかりがよくていいのだろうか?
・父親と子どもがいつも感情的にぶつかっていて悩んでいる。お互いが理解し合うにはどうしたらいいのか知りたい。

セッションの流れ:
保護者の方はまずご自身のボンディングチャートから人生の目的、生まれもってきた資質をひも解くLPCの個人セッションを受けていただきます。
セッションの前にボンディングチャートという資料を作成しますので、そのために事前に必要な情報をお知らせいただく必要があります。

所要時間/費用:
個人セッション 3万5千円〜(所要時間:約3時間)
親子割、家族割もあります。ご相談ください。

形式:
対面、およびオンライン(ご自宅から受講可能)

お申し込み方法

お問い合わせフォームより、「LPC希望」と明記のうえ、お問い合わせください。

参加者の声

・今まで私が感じていた「わが子らしさ」や好み、どうしてこんなことをするのかなど、すべてが腹に落ち、今までより明確に「子どもは一人の人なのだ」ということを実感しました。そして親にできることは、その子をサポートすることであり、そのサポートとはどういうことかがよりはっきりしました。

受けた直後は、なんていうか感動しました。子どもに対しての敬意の気持ちを抱くと同時に、私が子どもに何をするのかではなくて、まず私が一人の人としてきちんと生きることが大切なのだという思いで、襟を正す気持ちになりました。

また、子育てがとても楽になりました。

子どもがすることと私がすることがはっきりしたことで、私の焦りや不安を子どもに転嫁することが無くなりました。また、子どもを信じる力が強くなりました。そして親子で笑顔が増えました。
(Rさん/お子さんの年齢:8歳)


・沢山の気づきがありました。

まずは、星座の性質がこんなに明確に現れていることにびっくりしました。 今までは、掴みようのない、彼(子供)自身の中での葛藤は見えていて、これをどう扱ってあげることが、彼にとっていいのか?とても模索していたのですが、何と何の性質の葛藤なのか?が明確になり、彼の中で起きていることが理解できたのは、親としてもとても寄り添いやすくなってよかったです。

そもそも、私たち親子の関係には、チャレンジが多いということを知って、今までなんでこんなに噛み合わないのか、、、良い意味でそこに諦めがつき、ホッとしたというか、楽になりました。

我が家は、夫婦で子どものセッションを聞けたことがよかったと思っています。

ご夫婦の間で、子育ての方針の違いや子どもに対する認識の違いを感じている。そこで、悩んでいらっしゃる方にとっては、親子の関係だけでなく、家族が共同体となるとてもいいチャンスになると思います。
(Nさん/お子さんの年齢:5歳と2歳のご兄弟)


・我が家の子どもたちは、これまでの常識や学校教育という枠組みに当てはまらないところが多いと感じていましたが、LPCのセッションでそれがなぜだかわかりました。

子育てにおいて”大変だと思うこと”が、実は子どもたちの”ギフト”だったのですね。

彼らの枠組みを越えた生き方の中に、私たち親が学ぶことがあることに気づきました。

子育てに戸惑い、悩んだ時に「立ち戻る場所」ができました。
子どもたちの個性を受容し、ギフトを活かした生き方をサポートしてみよう。そう思うようになりました。

個性的なお子さんの子育てに疲れ、悩んでいる親御さんにお勧めしたいです。

縁があって親子になったことを感じたり、子どもの個性がギフトだとわかると、これまでとは視点が変わり、子育てがぐっと楽しくなると思います。
(Tさん/お子さんの年齢:11歳と5歳のご兄弟)
ページの先頭へ